新人の森根氏県議選出馬へ うるま市区

 元那覇市職員の森根伸夫氏(58)は5日、県庁記者クラブで会見し、6月5日投開票の県議選にうるま市区(定数4)から出馬する意向を表明した。名護市辺野古の新基地建設に反対し、翁長雄志県政に中立的な立場の無所属で立候補する。

 森根氏は「現職4氏以外の目立った立候補の動きがなく無投票となる可能性があった。有権者の投票で政治家の信を問う必要があると判断した」と説明した。

 1958年生まれ、旧与那城村屋慶名出身。九州産業大学卒。
 82年からことし3月まで那覇市役所に勤務。